個人情報保護方針
HOME サクセス・サプリとは 事業概要 個人向け事業 コラム お問い合わせ 会社概要

コラム第3弾にご登場いただいたのは、現在、サントリーホールディングス株式会社で社員のキャリア支援に携わっていらっしゃる山田さんです。 山田さんはキャリアに関するテーマでご講演もされていらっしゃいますが、『企業で携わるキャリア・アドバイザーが、どんなことを考え、どんな活動をしているのかを伝えることができれば』と、このコラムにご寄稿いただきました。
2010/10/07
No. 03 キャリア・アドバイザー活動の現場から
サントリーホールディングス株式会社
キャリアサポート室 山田 昇 氏
2007年から企業内キャリア・アドバイザーとしての活動を実践していますが、最近の活動を通じて感じた事について記してみたいと思います。

現在実践しているキャリア・アドバイザーとしての活動は、大きく分けて二つ。一つは「個人を受け止める」活動としてのキャリア個別面談。もう一つは「キャリアを考える場の提供」としてのキャリア・ワークショップのファシリテートです。

先ず、キャリア個別面談について。
最近面談の終了時に面談した社員から「気持ちの整理がつき気が楽になりました」「自分の考えが整理でき、どう進んだら良いかが分かりすっきりしました」等の言葉を聞く事が多くなっています。我々キャリア・アドバイザーの仕事はまさに「散らかった机の上を整理する如く面談者の気持ち・考えの整理の手伝いをする事」なのかも知れません。悩んだり、今後の方向が見えない面談者にとっては「整理するにもどこから手をつけたらイイのか」「手掛りになるものがどこにあるのか」が分からない状態なのでしょう。単に面談者の話を傾聴するだけでなく、面談者が(気持ちや考えを)整理する手掛りとしての「情報や考え方」を提供する事も必要です。
最近の事例で言えば「上司との関係性について悩む社員」に対し、状況と気持ちを傾聴した後「職務選択・職務開発のActive・Passive」の考え方を示したところ、その社員から「今は受身&受身になっていたかも」と気付きの発言があり(その時点から面談の雰囲気が大きく変わりポジティブな内容になって)「現在の業務をActiveにする方策」を一緒に考えました。この社員は「上司との関係性を変化させるものは自分の中にある」と感じていたものの「自分の気持ちの整理」と「具体的な踏み出し」の仕方が分からなかったのではと感じ「アドバイザーの仕事とは、気持ちと考えの整理を支援し、踏み出しへの後押しをする事」と改めて思わせてくれました。

次にキャリア・ワークショップのファシリテートについて。
現在20代・30代・50代の各年代社員向けのワークショップのファシリテートを実践していますが、大括りするとこれも「考え方や気持ちを整理するための道筋・プロセスを示して、各人の気付きを支援する」事ではないかと思います。個別面談とは違いアドバイザーと面談者の1対1の関係ではないものの、ワークショップを通じて、各人それぞれの感じるポイントでの気付きや、参加者同士での自己開示の中での気付きが生じてくる事を支援しているという事なのでしょう。
これも最近の事例ですが、50代社員のキャリア・ワークショップ時に4人グループで各人が「自らを語る<ナラティブ>時間」を設けた際、一人の参加者が他の参加者の話を聞き「自分の人生もいろいろあったが、もっと凄い人生の決断をしている人がいるんだと知り、自分も『もっと思い切って良いんだ』と感じられ、愉しい気分になった」と話していました。ワークショップ終了時に、受講者が「自分の可能性に気付き」笑顔で帰っていく姿を見るにつけ「気持ちや考えの整理の支援や踏み出しの手伝い」というアドバイザーの仕事の役割を感じさせられています。

この業務を始めて3年半、支援する側である自分自身も、多くのそれは多くの気付きをもらっています。「人が人と向き合うことは気付きあうこと」なのかも知れません。
社員各々が「気持ちや考えを整理」して「可能性にチャレンジできる」様になっていけば「組織全体もチャレンジャブルになっていく」と信じて、この業務を続けていきます。

山田さんのコラムを読まれて、「勇気が出た」、「共感した」などいろいろ感じられたこともあるのでは。
これからも1ヵ月単位程度でアップしていきますので、次回のコラムにもご期待ください!
No.04 「選択肢のある時代に生きるということ」
by:株式会社ぐるなび 田中潤氏
No.03 「キャリア・アドバイザー活動の現場から」
by:サントリーホールディングス株式会社 山田昇氏
No.02 「キャリアについて考える」
by:日本ヒューレット・パッカード株式会社 打田浩明氏
No.01 「キャリア・アドバイザー活動」
by:慶應義塾大学SFC 花田光世教授

このページのトップへ戻る
(C) Success Suppli. All Rights Reserved.